こんいろきゃべつ

つれづれなるままに

アイカツ5thフェスに行ってきた話

気付けば二ヵ月も経っていました。怖いですですね。

アイカツ5thフェスに参加してきた話です。衝動と勢いで書いてないです。

インタビューも全て読んでいるわけではないのであしからず。

超絶主観的です!!!!

 

※話がしっちゃかめっちゃか

 

 

来る9/8.9に私は弟と一緒にアイカツ5thフェスに参戦してきました。

兄弟共々アリーナ最前ブロックほぼ正面を当てるという、めちゃくちゃ凄いことが起こっていたので心臓痛かったです。手が震えていたのは、熱中症なのか緊張なのかはわかりませんでした。

 

言いたいことは、アイカツ武道館に参戦したときと全く変わりません。

 

「ありがとう。感謝しかない」

 

このイベントを知った時、今までアイカツシリーズを支えてくれたSTAR☆ANISEとAIKATSU☆STARSの卒業という話はなんだった?え?という気持ちも正直なくはなかったです。でも、素直にまたみんなの歌が聞ける!しかも、大規模でなかったキャストのトークやイベント――ほぼ複合型アトラクションみたいな感じでしたね。(実際感情がジェットコースターすぎて心臓が痛い)

 

アイカツを推してくれた友人夫婦にもいつも言っておりましたが、「モアトゥルの女になってナオ――――!!って叫びたい!」「M4の女になって、すばるきゅーーーーん!!かなたくーーーーん!!!!」って叫びたい!!!!!!と常々言ってました(迷惑な女)

 

辛うじてアイカツアニONでもやりましたが、まさか現実になるとは思いませんよね??

大混乱でしたね……Day1のキャスト陣を見たときに「歌あると良いな……」ぐらいの気持ちであったし、大勢の人がアフレコと歌も半分ぐらいでお子様もいらっしゃるから2時間ぐらいのイベントだと思うじゃん????????????

結局、3時間40分ぐらいやってなかった????????

そりゃあ、めちゃくちゃ体力削られますよね(試される体力と精神)

 

平川大輔さんの奇跡の三役コラボからの「僕らの奇跡」→「アイスブルーのキス」→「コズミックストレンジャー」というメンカツの流れズルくない???黄色い声でないはずないじゃん!!!(そこそこ大きい声で「ナオーー!すばるきゅーん!!かなたくーーん!!」と叫んでしまう)

 

結城すばる役の八代拓君、背が高くて顔が良いことは存じ上げていましたが――いやいや100%結城すばるだった……ニコっと笑った顔や足の角度や立ち振る舞いが天才だった。

 

涼川さん役の豊永君が歌上手いのも、パフォーマンスも凄いことも存じあげていたけど……いやいや、喉がCD音源 is 何????って歌が上手いどころじゃなくて、なんか飛び越えていてビビッてしまた……そりゃあアイカツの世界で沢山の女を量産するわけだよ…ってあの時そんなことを考えてしまっていた。アイカツおじさんたちも待ち望んていた景色だったと思いますよ(?)

 

何より、総合司会のジョニー先生役保村さんが本当にジョニー先生だったよ…

全員が思ったでしょ…「じょ、ジョニー!!!!!!!!!!YEAH!!」って(?)

見た目からもう完成されていたジョニー先生でまず会場はテンションブチあがるじゃん?

 

それに、ずっとアイカツシリーズを見守っていた保村さんと豊永君が親のような立場でみんなことを見守っていたり、所々のやり取りが本当に微笑ましくてな…そういう裏側も私は見たかったからめちゃくちゃ嬉しかった。

 

※day2で霧矢あおい役田所あずさちゃんに、無茶ぶり巻き込まれた保村さん最高だったな

なんだかんだオープニング一緒にやってくれた。

 

 

アイカツの素敵だなと思っていた、歌唱と演技を分けるシステムに私は固執してしまっていた。

もはや歌は歌、演技は演技、それぞれのプロに分けてやって来たのだから、今更やらないんだろうな…私たちの妄想は夢へと潰えるのか……ってね。

声優さんも自分たちのカラオケの番組だったり配信でね、歌っているのを聞いたことあるけど(下地紫野ちゃんのShining lineや田所あずさちゃん、大橋彩香ちゃんのダイヤモンドハッピー)、アイカツとして歌うのはないかもしれないと思っていた。

 

それがまさかね……!!!!!

歌唱担当と演技担当のコラボだってーーーーーーーーーー?!

穏やかじゃなさすぎて、紅林珠璃役の斎藤綾ちゃんとみほちゃんが一緒に「Passion flour」を歌った時は度肝を抜かれたよね。

それに驚いたことは本当に本当にたくさんあったけれども、キャストの歌声と歌唱担当の歌声が本当に似ている。これは、割と正直にびっくりした。

似ているな~ぐらいの気持ちが「同一????」って勘違いするぐらいには一緒だった。

特に、藤原みやびちゃん役の関根明良ちゃんの歌声とれみちゃんの歌声、「嘘やん……一緒??」って混乱するぐらいには一緒だった…。

 

虹野ゆめ役の富田美憂ちゃんの歌声初めて聞いたんだけど、せなちゃんのゆめの歌い方だ…え……って混乱していた。

エルザ様役の日笠陽子さんも、神崎美月役の寿美奈子さんもそうだった。

本人たちの圧倒的なパフォーマンスの凄さに慄いたけれども、それど同時に歌唱担当のみんながキャストにどれだけ声を寄せているのか、声の癖や特徴がとらえられていたなって感じました。

 

私の涙腺天元突破したのは、大空あかりの「Start dash sensation」なんです。

最推しの大空あかりをるかちゃんと下地紫野ちゃんが二人で歌ってくれる日が来るとは思わなかった。

あるとしたら、紫野ちゃんの個人イベントでちょっと口ずさんでくれるぐらいかな…ぐらいだと思っていたの。

 

大空あかりだけでなく、他のキャラクターも二人三脚で作り上げてきたものなんだなと痛感しました。

アイカツ武道館のStart dash sensationが正直、頂点だと思っていました。笑顔で歌いきってくれたるかちゃんのパフォーマンス最高だった。

 

でも、それを超える日が来るなんて思わなかった。

るかちゃんが紫野ちゃんの手を引いて、導くように歌っている姿に涙が止まらなかった。

大空あかりというキャラクターは底辺や失敗を知った、そういう努力を人よりも何倍もして、オリジナルスターを光らせた凄いアイドル。

私はそういう大空あかりのアイカツに勇気をもらい、不遇の時代を過ごしながらも自分だけの光を輝かせた彼女に勇気をもらって生きている。

 

二人が交差したり、上下で別れたり、そんな様子が大空あかりの過去と未来を魅せてくれてるようでした。るかちゃんが紫野ちゃんの手を引く姿に、なんだろう…言葉にすることができなくて、ただただずっと大空あかりを応援していた良かったと思いました。るかちゃん、紫野ちゃんちゃん、大空あかりの三人で作り上げてくれたアイカツが、眩しかった。大空あかりが星宮いちごに憧れた光景、星宮いちごが神崎美月に憧れた瞬間はこういう光景を見たのかなと感じました。

 

そこからのわかちゃん、すみれちゃんの「輝きのエチュード」。この流れのイントロでそこそこ大きい声で泣いてしまったので、弟ごめん…ってなったけど、弟も泣いてた。

 

わかちゃんがすみれちゃんの手を引く姿に、ここにも未来と過去を見ました。

星宮いちごの始まりと未来を「輝きのエチュード」を通して、私は見た気がします。

誰かの憧れを歌ったときに、また同じように相手も貴方に憧れているんだなと。

 

 

同じ担当同士が歌うのはわかった~~ってなったけど、虹野ゆめ役の富田美憂ちゃんとリエちゃんが「スタートライン」歌ったときはもうね、歌唱担当とか演技担当とかもうそういう垣根を越えて「アイカツ」を魅せてくれたことにエモさが天元突破しました。勝手に私がくくることじゃない、新しいアイカツの可能性とか楽しさとか凄いものを見せてもらったのだ。

脳裏にローラにミラクルバトンタッチが出てきて私は死にました。あれめちゃくちゃ好きな話です。

 

沼倉愛美ちゃんの「硝子ドール」を聞いたときは昇天しましまた。アイカツフェス600thフェスまでやろうなみんな。

 

Day2に瀬名翼役田丸篤史氏が来た時、私にとって幕張の田丸氏は「刀剣乱舞花丸」のイベントでブリッジしていたことです。その記憶を塗り替えることが出来てよかったです(??)

 

大空あかりの背中の翼こと瀬名翼の再現度200%田丸氏ありがとう。

Day2は私は上手側前から5列目という、めちゃくちゃ近い位置から田丸氏を拝見することができたよ……最後のダイヤモンドハッピーでエアギターを披露してくれた瀬名翼一生推すね…。ダイヤモンドハッピーとアイドル活動も口ずさんでくれて(るように見えた)さ……田丸氏が瀬名翼になってくれて、本当に良かった。

 

アイカツ5thフェス終了後、みんな自分のキャラの歌のが夢だった嬉しかった、戸惑いもあったというのを読んだ。でも、歌ってよかった楽しかった!という感想があって嬉しかった。アイカツ5thフェスを通して、声優陣もまた夢を叶えて新しいものを見せてくれた。これって本当に「アイカツ」そのものだなって感じた。

中のキャラクターだけじゃなくて、それぞれに関わってきた人たちもまた新たに夢を叶えてきたんだなってアイカツフェスを通して感じました。

これがまた誰かの夢となって、「夢は見るものじゃない、叶えるものだよ」というのを提示してくれた。ゆめちゃんがいったように、同じアイカツをしている仲間もスタッフもファンもみんなを輝かせたいという気持ちがひしひしと伝わった。

 

開演前も合間のナレーションも出演していない人が担当しているの最高に良かったよね。

個人的にらいちとノエルちゃんの会話が最高に面白かったので、これいつか音源化してくれ~~ってなったし、アイカツの話はまだまだ続いているって思った。ありがとう加藤さん。

オリジナルアフレコもそれぞれがアイカツをしていて、変化もあってよりアイカツが盛り上がる設定がありがたかった。

止まっていない、進み続けているんだ。そうしたら、私たちが止まらない理由なんてないじゃないか。

 

 ガバガバな記憶と欠如する語彙でした。

でも、アイカツが好きで良かったと改めて再認識できるそんなイベントでした!

 

みんな、絶対にアイカツ600thフェスやろうね!

 

end

 

11/4

あいこ